Kiwi_Englishブログ

NZ・オークランドでワーホリ&語学学校に通っています。留学、旅行、英語をテーマに気楽に毎日更新中!

ニュージーランド ビザ NZeTA・IVL|自分で申請する方法 [完全版]

 NZeTA (電子渡航認証)・IVL(国際観光税)について

f:id:jon_english018:20191119163230j:image

2019年10月1日からNZに入国するビザ免除国からの訪問者にはNZeTA(電子渡航認証)とIVL(国際観光税)の徴収が必ず必要になりました。

NZeTAとは?
NZeTAは、ニュージーランド政府が本年10月1日より施行する新しい国境警備対策です。一時滞在ビザを免除され ている一部の国籍渡航者に対し、搭乗前にNZeTAを申請することが義務付けられます。
なお、NZeTAは滞在ビザではないため、入国を保証するものではありません。ニュージーランドに到着した旅客は、 必ず入国条件(出国のための予約済み航空券、善意の旅行者であること、良好な健康状態など)を満たす必要が あります。

日本もビザ免除国のため、全ての日本国籍の方(観光、留学、ビジネス、トランジット等の種類、期間に関わらず)は事前に申請が必要となりました。つまり、3ヶ月以内の滞在者もビザが必要となったのです。

 

ただし、ニュージーランドとオーストラリアが発行したパスポート の保持者、および有効な滞在ビザを取得している旅行者 には、NZeTAは必要ありません。

 

ちなみにこれまでは、ビザ免除国のため日本人観光客は観光ビザを取得する必要はなく、長期の学生ビザや就労ビザのみで良かったのです。このおかげで入国がとても簡単でしたが、これからは少し手間がかかってしまいます。過去にNZ滞在経験がある方も注意が必要です。

ニュージーランドでの一時滞在や乗継のビザ免除対象国 からの旅行者が、他国へ向かう途中でオークランド国際 空港ラウンジにて乗継をする場合、NZeTAが必要です。

さらに極端に言うと、これまで3ヶ月以内の滞在では必要なかった物がこれからはたとえトランジットであっても入国する全ての日本国籍保持者はNZeTAを取得する必要があります。

 

導入の目的は渡航者の情報を事前に把握することで国境通過にかかる時間を短縮し、国境の警備を強化することだそうです。  f:id:jon_english018:20191119163748p:image

申請の手順

それでは、NZeTA(電子渡航認証)の申請方法を解説します。手間が一つ増えたとは言え、手順通りに行えばとても簡単です。

2019年7月以降、ニュージーランド移民局では、以下の いずれかの方法でNZeTA申請と観光税納付を受け付け ます。

・移民局のモバイルアプリをダウンロードする。

・immigration.govt.nz/nzetaでオンライン申請する。

申請方法は1.スマートホンなどで専用アプリをダウンロードする。または、2.ニュージーランド移民局のホームページでオンライン申請するという2種類の方法があります。ただし、その値段は少し異なります。

f:id:jon_english018:20191119163848j:image

• モバイルアプリの申請費用:NZD$9 • オンラインの申請費用:NZD$12
NZeTA申請手続きの際に、渡航者1人当たりNZD$35 の観光税をお支払いいただきます。

モバイルアプリで申請した方がNZD $3安いです。大した差額ではないので好みの方法で申請されるといいと思います。

 

申請はあっという間ですが、渡航72時間前までに手続きを終わらせる必要があるのでご注意ください。

 

詳細はニュージーランド移民局公式HP NZeTAについて(日本語)をチェックしてみてください↓

https://www.immigration.govt.nz/documents/communications-toolkit/japanese-nzeta-traveller-information-sheet-july-2019.pdf]

ニュージーランド移民局公式HP↓

https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visas/apply-for-a-visa/about-visa/nzeta

 

追加でビザが必要な場合

観光目的で滞在する場合

3ヶ月以上滞在する方→ビジター・ビザ

 

このビザは最長9ヶ月までの観光を目的とする渡航に対して発給されます。

ワーキングホリデーで滞在する場合

現地で働きながら最長12ヶ月(イギリス人のみ23ヶ月)まで旅行する18才~30才の方→ワーキングホリデー・ビザ

 

このビザを取得するには、所定の要件を満たすとともに、以下を証明しなければなりません。

往復の航空券、または復路の航空券を購入できる十分な資金を所持していること。 
主な目的は旅行であって、就労はあくまでも二次的な要素であること。

就労や居住生活を希望する場合

数年単位でニュージーランドに滞在する方→ワーク・ビザかレジデント・ビザ

 

就職先の確保が必要になります。

 

ビザの種類については、以下の記事が参考になります。

www.jon-english018.work

ニュージーランドへの入国手順はこちら!

www.jon-english018.work

 外貨(ニュージーランド・ドル)への両替は空港や銀行、現地だとレートが悪いです。渡航が決まったら、外貨両替マネーバンク などの宅配サービスを利用するのがおすすめ全国一律送料無料で、空港よりも断然お得な両替レートで交換できます。 代金引換もOK・土日祝日も発送・空港郵便局に局留発送で、出発前に受取も可能です! 午後2時までの入金で当日発送。安心・安全の来店での直接取引も可能。 WEBで24時間申し込みOK!便利でお得に両替できるので、少しでも安く旅行したい方はぜひ利用しましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

毎日少しでも役に立ちそうな情報を更新しているので、よかったら気軽に読者登録、下のにほんブログ村、人気ブログランキングのバナーをタップしてください!