Kiwi_Englishブログ

NZ・オークランドでワーホリ&語学学校に通っています。留学、旅行、英語をテーマに気楽に毎日更新中!

植民地時代の面影残るパーネル|オークランド散策

f:id:jon_english018:20200114175739j:image

近代的な街並みのオークランドですが、もともとはヨーロッパ移民の入植地だった歴史があります。今回は、せっかくオークランドに来たら訪れてほしい、異国情緒溢れるパーネルストリートをご紹介します!

パーネル Parnell

パーネルオークランドシティの中心部の東側にあります。ブリトマート駅からバスで5-10分で気軽に行ける場所です。古くから住宅街として発展してきたので、街全体に居心地のよい空気が漂っています。

f:id:jon_english018:20200114175604j:image

パーネルロードという通りの両側には、ハイセンスなブティックや雑貨ショップ、そしてカフェなどがところ狭しと並んでいて、週末ならずともいつも大勢の観光客で賑わいます。

また、地元のアーティストの作品を展示しているギャラリーや、ハンドメイドのアクセサリーなどのショップも充実しています。

パーネル歴史遊歩道

f:id:jon_english018:20200114175451j:image

メインストリートであるパーネルロードはヨーロッパ調の建物が残る通りです。

1841年にニュージーランド初の住宅街として開発されたパーネルでは、当時の建築物の多くが現在もその姿のままに残され、歴史遊歩道として景観保存されています。 パーネル通り(Parnell Road)の330番地、1874年前後に建築された石造りのフィットビー・ロッジ(Whitby Lodge)からスタート、続く350番地には、移転されず元の場所にそのまま建つ住宅としてはオークランドで最古と言われる住宅ハルム・コート(Hulme Court)があります。この住宅はベランダ周りの木工装飾が美しい建物です。 さらに通りを進むと、クラシックな雰囲気の石造りが重厚な1924年に建てられたパーネル・ライブラリー・ビルディング(Parnell Library Building)へとやってきます。 パーネル通りに戻り、左折したところには、パーネルでも特に印象深い荘厳な建物、セント・メアリーの聖三位一体教会(Saint Mary's in Holy Trinity)があります。1886年から1897年にかけて建築されたゴシック朝建築の傑作であるこの建物は、ニュージーランドを代表する素晴らしい木造建築物です。 パーネル通りをさらに南下した、クレイブルック通り(Claybrook Road)との交差点角には、テラス・ハウス(Terrace Houses)があります。クレイブルック通り6番地には、1842年にオークランドにやってきた建築家サムソン・ケンプソーンが設計した美しい木造ビラがあります。 パーネル通りとエア通り(Ayr Street)の角には、英国教会グラマー・スクール(Church of England Grammar School)の校長宅として1850年代に建築され、現在では月曜日から土曜日まで一般公開されている2階建てのキンダー・ハウス(Kinder House)があります。 さらにエア通りを進み、パーネル歴史遊歩道の終点、エア通り12番地のエウェルム・コテージ(Ewelme Cottage)へと到着します。1863年に個人住居として建築されたこの優雅な木造建築物は現在、博物館として使用され、水曜日から日曜日まで開館しています。

パーネル図書館

f:id:jon_english018:20200114175943j:image

Parnell Library

所在地:Jubilee Building, 545 Parnell Road, Parnell, Auckland 1052, New Zealand

営業時間:月-金 9:00~18:00

                土 9:00~16:00

定休日:日曜日

パーネルロードをニューマーケット方面へ進んでいくと、パーネル図書館があります。1913年に建てられた建物を利用している図書館です。建物内は図書館だけでなく、市の施設も入っています。

f:id:jon_english018:20200114182626j:image

↑建物の中も重厚感のある作りになっています。

他の図書館と比べると規模はこじんまりとしていますが、趣のある建物なので一見の価値ありです!

オークランドの図書館はどこも日本よりおしゃれで使いやすいです。

↓記事はこちら!

www.jon-english018.work

パーネルでの過ごし方

パーネルはパーネルロードを中心としたエリアですが、シティの中心部に位置するので気軽にいつでも行けます。そのため、シティで過ごす際に散歩がてらに訪れると良いと思います

バスでシティからパーネル図書館辺りまで向かい、そこからシティに戻るように歩いていくと全体を見て歩けます。また、パーネルロードは緩やかな坂道になっているので、遠くに海が見えて雰囲気も抜群です。

f:id:jon_english018:20200114183546j:image

↑さらにこの道を進んでいくと、中心部に戻れます。少し距離があるのでバスに乗るのもありです。

f:id:jon_english018:20200114183653j:image

↑シティに戻るとまたヨーロッパ調の建物が!

まとめ

オークランドはニュージーランドの他の都市と比べて現代的ですが、ここパーネルは歴史的建築が残っています。ニュージーランドは歴史が浅く、クック船長が到達したのはたった250年前ですが、だからこそ当時をよりしっかりとイメージできますよね!

ショッピング散策にぜひ一度訪れてみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

毎日少しでも役に立ちそうな情報を更新しているので、よかったら気軽に読者登録、下のにほんブログ村、人気ブログランキングのバナーをタップしてください!

高学歴欧米ネイティブ講師が指導!オンライン英会話ボストン倶楽部